院生の声

インタビュー

第15期生 / M2梅谷 星菜さん
  • Q1.大学院に進学したきっかけは何ですか?

    元々は情報メディア学科で科学史を学ぶゼミに所属し、高等学校教諭1種免許状(情報)を取得していました。大学の4年間の中「教育」に触れていましたが、更に教育に対しての学びを深めるため、また、自分の持つ研究テーマを深めるため志望しました。

  • Q2.研究テーマは何ですか?

    大学でのゼミで科学史などを学んでいたことを引き継ぎ、宇宙教育について研究しています。

  • Q3.大学と大学院での学び方の違いがあれば聞かせてください。

    大学の授業は大人数で受け身的な学びが多いですが、大学院では授業が少人数で行われるため、自分の意見や発言により、授業が進行する点です。
    また、大学時代より様々な先生の意見を伺う機会が多く、自分の考えをより深く発展させることが可能な点も大学と大学院での学びの違いです。

  • Q4.在学中はどんな毎日を過ごしていますか?

    コロナ禍の影響で、入学してから半年は全て授業がオンラインで進みました。
    現状も毎日通学できる訳ではないので、学術論文などネットで閲覧できる資料や自分の研究に関する本をメインに学びを深めています。

  • Q5.大学院に入ってからの変化が、自分自身にもたらしたものは何ですか?

    様々な意見を聞き、考え方を変えていけるようになったと思います。

  • Q6.これからの目標や展望について聞かせてください。

    今後は私自身が持つ宇宙教育の定義に沿った指導案や教材の作成、授業実践を行うことです。

  • Q7.学部時代にしておくとよいことなど、大学院入学希望者へのメッセージをお願いします。

    学部時代の授業やゼミの中で、何をしたいかをしっかり考えておくと大学院入学前はもちろん、大学院入学後も自身のビジョンがある程度見えるかと思います。ぜひ、一緒に教育について学びましょう。

CLOSE
第16期生 / M2淺川 遥さん
  • Q1.大学院に進学したきっかけは何ですか?

    教諭として働いている中で、子どもについて様々な視点から学びを深め、保育力を高めたり、広い視野をもって自分の感性を磨いたりしたいと思ったからです。

  • Q2.研究テーマは何ですか?

    子どもの表現活動や、子ども同士のやりとり、保育者の援助などについて研究していきたいと考えています。

  • Q3.大学と大学院での学び方の違いがあれば聞かせてください。

    授業が大学よりも少人数で行われるため、先生方の話を聞き、自分の考えを話したり、疑問に思ったことをすぐに質問したりできることで、学びがより深まるように感じます。

  • Q4.在学中はどんな毎日を過ごしていますか?

    週に数回仕事終わりと、土曜日に授業を受けています。授業の学びが、日々の保育の中で活かしていけるようにしていきたいと考えています。

  • Q5.大学院に入ってからの変化が、自分自身にもたらしたものは何ですか?

    自分自身の考え方が偏っていたり、思い込みがたくさんあったりすることに気付き、今までの保育を見直したり、疑問に思ったことについて本を読んだりすることが増えました。学び続けることの大切さを改めて感じています。

  • Q6.これからの目標や展望について聞かせてください。

    大学院の勉強と仕事との両立をしながら、保育力を高め、研究を深めていきたいです。

  • Q7.学部時代にしておくとよいことなど、大学院入学希望者へのメッセージをお願いします。

    学部のころから疑問に感じたことを書き留めたり、興味をもったことについて本を読んだり、先生方にお話を伺ったりしておけばよかったと思いました。研究テーマを決めるときに役立つのではないかと思います。

CLOSE
第17期生 / M2谷田 奈央実さん
  • Q1.大学院に進学したきっかけは何ですか?

    大学院に在学し、勤務されている方が職場におられたことがきっかけです。その姿を見て、自分自身も幼児教育についてもう一度学び、これまでの学びと経験をもとに研究を深めていきたいと考えました。

  • Q2.研究テーマは何ですか?

    子ども達にかかわる専門性を高めるために、特に特別支援教育について研究したいと考えています。

  • Q3.大学と大学院での学び方の違いがあれば聞かせてください。

    大学院は少人数での授業となり、より専門性を高めていけるように思います。これまでの学びや知識に加え、自分の考えをもつことやそれを伝えることの大切さを感じています。

  • Q4.在学中はどんな毎日を過ごしていますか?

    仕事終わりと土曜日に授業を受けています。学んだことを子ども達との生活や関わりに実践していきたいと考えています。

  • Q5.大学院に入ってからの変化が、自分自身にもたらしたものは何ですか?

    子ども達の姿が変化してきていることを受け止め、実際の保育現場でこれまで自分が学んできたことや経験してきたことも大切にしながら、今の子ども達に合った保育をしていかなければいけないと感じました。そのためにも大学院での学びの一つ一つを自分のものにしていきたいと思います。

  • Q6.これからの目標や展望について聞かせてください。

    大学院での生活と仕事の両立をしながら、幼児理解をもっと深め、自分の視野を広げて、研究を進めていきたいと思います。

  • Q7.学部時代にしておくとよいことなど、大学院入学希望者へのメッセージをお願いします。

    大学院でさらに学びたい、より知識を深めたいなどその思いをもった時がチャンスだと思います。その思いを大切にしてください。

CLOSE
第18期生 / M1浅井 咲好さん
  • Q1.大学院に進学したきっかけは何ですか?

    私は保育士一年目の際に発達障がい児と関わることが多かったです。健常児とは違い上手く関われなかったり、保育の難しさにすごく悩みました。そのまま働き続けることがいいかと思ったのですが、「専門的な知識をつけたい」と思い大学院に進学しました。

  • Q2.研究テーマは何ですか?

    「保育者と発達障がい児との愛着形成について」を研究していきたいと考えております。

  • Q3.これからの目標や展望について聞かせてください。

    子どもの心理学や発達について学びなおして研究していきたいです。また、様々な学会に足を運びたいですね。

  • Q4.学部時代にしておくとよいことなど、大学院入学希望者へのメッセージをお願いします。

    講義中に先生自身の経験談を聞くことがあると思うのですが、それを漠然とでもいいので覚えておくといいと思います。その時の私は「そんなことしているんだなあ」と思うだけでした。実際にそれがきっかけで今のゼミの先生の所へ学びたいと思い決めました。
    自分のスキルアップのため、子ども達、保護者のために学びたいという気持ちが大切だと思います。一緒に専門的知識を身につけましょう!

CLOSE
  • 第15期生 / M2梅谷 星菜さん
  • 第16期生 / M2淺川 遥さん
  • 第17期生 / M2谷田 奈央実さん
  • 第18期生 / M1浅井 咲好さん
  • Q1.大学院に進学したきっかけは何ですか?

    元々は情報メディア学科で科学史を学ぶゼミに所属し、高等学校教諭1種免許状(情報)を取得していました。大学の4年間の中「教育」に触れていましたが、更に教育に対しての学びを深めるため、また、自分の持つ研究テーマを深めるため志望しました。

  • Q2.研究テーマは何ですか?

    大学でのゼミで科学史などを学んでいたことを引き継ぎ、宇宙教育について研究しています。

  • Q3.大学と大学院での学び方の違いがあれば聞かせてください。

    大学の授業は大人数で受け身的な学びが多いですが、大学院では授業が少人数で行われるため、自分の意見や発言により、授業が進行する点です。
    また、大学時代より様々な先生の意見を伺う機会が多く、自分の考えをより深く発展させることが可能な点も大学と大学院での学びの違いです。

  • Q4.在学中はどんな毎日を過ごしていますか?

    コロナ禍の影響で、入学してから半年は全て授業がオンラインで進みました。
    現状も毎日通学できる訳ではないので、学術論文などネットで閲覧できる資料や自分の研究に関する本をメインに学びを深めています。

  • Q5.大学院に入ってからの変化が、自分自身にもたらしたものは何ですか?

    様々な意見を聞き、考え方を変えていけるようになったと思います。

  • Q6.これからの目標や展望について聞かせてください。

    今後は私自身が持つ宇宙教育の定義に沿った指導案や教材の作成、授業実践を行うことです。

  • Q7.学部時代にしておくとよいことなど、大学院入学希望者へのメッセージをお願いします。

    学部時代の授業やゼミの中で、何をしたいかをしっかり考えておくと大学院入学前はもちろん、大学院入学後も自身のビジョンがある程度見えるかと思います。ぜひ、一緒に教育について学びましょう。

CLOSE
  • Q1.大学院に進学したきっかけは何ですか?

    教諭として働いている中で、子どもについて様々な視点から学びを深め、保育力を高めたり、広い視野をもって自分の感性を磨いたりしたいと思ったからです。

  • Q2.研究テーマは何ですか?

    子どもの表現活動や、子ども同士のやりとり、保育者の援助などについて研究していきたいと考えています。

  • Q3.大学と大学院での学び方の違いがあれば聞かせてください。

    授業が大学よりも少人数で行われるため、先生方の話を聞き、自分の考えを話したり、疑問に思ったことをすぐに質問したりできることで、学びがより深まるように感じます。

  • Q4.在学中はどんな毎日を過ごしていますか?

    週に数回仕事終わりと、土曜日に授業を受けています。授業の学びが、日々の保育の中で活かしていけるようにしていきたいと考えています。

  • Q5.大学院に入ってからの変化が、自分自身にもたらしたものは何ですか?

    自分自身の考え方が偏っていたり、思い込みがたくさんあったりすることに気付き、今までの保育を見直したり、疑問に思ったことについて本を読んだりすることが増えました。学び続けることの大切さを改めて感じています。

  • Q6.これからの目標や展望について聞かせてください。

    大学院の勉強と仕事との両立をしながら、保育力を高め、研究を深めていきたいです。

  • Q7.学部時代にしておくとよいことなど、大学院入学希望者へのメッセージをお願いします。

    学部のころから疑問に感じたことを書き留めたり、興味をもったことについて本を読んだり、先生方にお話を伺ったりしておけばよかったと思いました。研究テーマを決めるときに役立つのではないかと思います。

CLOSE
  • Q1.大学院に進学したきっかけは何ですか?

    大学院に在学し、勤務されている方が職場におられたことがきっかけです。その姿を見て、自分自身も幼児教育についてもう一度学び、これまでの学びと経験をもとに研究を深めていきたいと考えました。

  • Q2.研究テーマは何ですか?

    子ども達にかかわる専門性を高めるために、特に特別支援教育について研究したいと考えています。

  • Q3.大学と大学院での学び方の違いがあれば聞かせてください。

    大学院は少人数での授業となり、より専門性を高めていけるように思います。これまでの学びや知識に加え、自分の考えをもつことやそれを伝えることの大切さを感じています。

  • Q4.在学中はどんな毎日を過ごしていますか?

    仕事終わりと土曜日に授業を受けています。学んだことを子ども達との生活や関わりに実践していきたいと考えています。

  • Q5.大学院に入ってからの変化が、自分自身にもたらしたものは何ですか?

    子ども達の姿が変化してきていることを受け止め、実際の保育現場でこれまで自分が学んできたことや経験してきたことも大切にしながら、今の子ども達に合った保育をしていかなければいけないと感じました。そのためにも大学院での学びの一つ一つを自分のものにしていきたいと思います。

  • Q6.これからの目標や展望について聞かせてください。

    大学院での生活と仕事の両立をしながら、幼児理解をもっと深め、自分の視野を広げて、研究を進めていきたいと思います。

  • Q7.学部時代にしておくとよいことなど、大学院入学希望者へのメッセージをお願いします。

    大学院でさらに学びたい、より知識を深めたいなどその思いをもった時がチャンスだと思います。その思いを大切にしてください。

CLOSE
  • Q1.大学院に進学したきっかけは何ですか?

    私は保育士一年目の際に発達障がい児と関わることが多かったです。健常児とは違い上手く関われなかったり、保育の難しさにすごく悩みました。そのまま働き続けることがいいかと思ったのですが、「専門的な知識をつけたい」と思い大学院に進学しました。

  • Q2.研究テーマは何ですか?

    「保育者と発達障がい児との愛着形成について」を研究していきたいと考えております。

  • Q3.これからの目標や展望について聞かせてください。

    子どもの心理学や発達について学びなおして研究していきたいです。また、様々な学会に足を運びたいですね。

  • Q4.学部時代にしておくとよいことなど、大学院入学希望者へのメッセージをお願いします。

    講義中に先生自身の経験談を聞くことがあると思うのですが、それを漠然とでもいいので覚えておくといいと思います。その時の私は「そんなことしているんだなあ」と思うだけでした。実際にそれがきっかけで今のゼミの先生の所へ学びたいと思い決めました。
    自分のスキルアップのため、子ども達、保護者のために学びたいという気持ちが大切だと思います。一緒に専門的知識を身につけましょう!

CLOSE